前へ
次へ

医療と介護のリハビリテーションについて

リハビリテーションは近年になって、よく話題になる機会が増えている。
特に医療でのリハビリテーションは、急性期・回復期・維持期に分かれていて、脳梗塞や脳出血を発症し、間もない時から行われている。
特に、脳卒中の後遺症である半身不随や高次脳機能障害と呼ばれるものは、日常生活に大きな支障をきたすばかりでなく、社会復帰においても困難な要因となる。
最近では医療から介護への円滑な移行が推進されている。
その為、医療での治療が終了し、安定期に入った方や高齢の方は介護保険でのリハビリを受ける場合が増えている。
介護とは、その人らしく生活を行えることが本来の趣旨である為、医療保険で行われる機能回復に重点を置いたリハビリとは異なる。
その為、障害の回復ばかりではなく、自立した生活が行える様に環境を整えたり、福祉用具等を活用する事もリハビリの一環として挙げられる。
医療分野に慣れ過ぎてしまうと、介護分野での仕事に馴染むのに時間がかかるとも言われる。
だが、本来の目的を考えるとリハビリテーションは介護の分野でこそ発揮されるものだといえる。

Page Top